妊婦にもおすすめの粉末スムージー

妊婦にもおすすめの粉末スムージーで妊娠中も安心

ダイエッターの間で人気のあるグリーンスムージー。野菜や果物をふんだんに使い、健康的にダイエットができると多くの女性から支持されています。最近はいろんなグリーンスムージーが登場しており、手軽に飲めるようになりましたね。また、フレーバーの種類も多いので、飽きずに飲めるのも良いところ。

 

グリーンスムージーのメリットは、なんといっても『低カロリー』『美味しい』『栄養満点』の3拍子。さらに、妊娠中でも飲めることから、妊娠中の女性にも嬉しい飲み物です。ダイエット食品として知られていますが、健康のために飲むことも十分できますよ。

 

ただ、ひと口にグリーンスムージーといってもさまざま。商品によって含まれている成分も違いますから、妊婦さんでグリーンスムージーを検討中の方は、しっかり成分内容を確認してから飲みましょう。また、基本的にスムージーは冷たい飲み物です。できれば温めた水や牛乳で作りましょう。一番良いのは新鮮な果物や野菜を使ってミキサーで作ることですが、体調の問題でなかなか作れないという方は、粉末のスムージーがおすすめです。

 

妊婦にもおすすめの粉末スムージーは、作り方がポイント。付属のシェイカーに粉末を入れ、水または牛乳やジュースを加えます。水の量は商品によって異なりますが、だいたい150ml〜200mlくらいですね。牛乳かオレンジジュース、豆乳などもおすすめ。牛乳や豆乳は、まろやかな味になるので意外にも飲みやすく美味しい味になります。豆乳は女性ホルモンに似た働きがありますから、妊娠中の女性なら特におすすめです。材料をシェイカーにすべて入れたら、フタをしっかりしてシェイクします。粉末のスムージーはダマが残りやすいので、溶けるまでしっかりシェイクしましょう。特に牛乳や豆乳は溶けにくいものが多いので、ダマにならないように十分にシェイクしてください。

 

グリーンスムージーは、マタニティーブルーの予防にもなります。それは、果物と野菜に含まれている酵素に『幸せ物質』と呼ばれるセレトニンを増やす働きがあるからなんですね。プレママにも嬉しいグリーンスムージー、妊婦さんは必見です!